引っ越しのピアノやエレクトーンを運ぶ料金

引っ越し ピアノ

女の子の子供がいる家庭は、ピアノやエレクトーンなどの楽器を置いてある家庭も多いでしょう。しかし気になるのが引っ越しの際のこれらの取り扱いについて。
ピアノにしてもエレクトーンにしてもかなりの大物です。
重量もありますし、ちょっとでもぶつけてしまうと傷が入ります。また車の振動などでも音色が変わってしまうとされているので、運搬も特に慎重に行わなければなりません。
ですのでこれらの物は特に取り扱いに注意したいですね。しかしその点も安心です。

 

ピアノやエレクトーンの運搬も扱う引っ越し業者に頼めば問題ないからです。
専門の業者にお願いしてもいいですし、大手の引っ越し業者にピアノなどがあることを伝えるだけでもOK。

 

引っ越し ピアノ

 

依頼した引っ越し業者が専門の業者を読んでくれるので、安心してピアノをお任せできます。
ピアノを安全に運搬するためには、まずはピアノ周辺にある家具などを撤去しておきます。そしてピアノを梱包し、新居に運びます。
新居でのピアノの設置場所も事前に決めておきましょう。
そうすれば到着次第スムーズに運ぶことができます。場所を確認したら設置、そして調律の確認が行われます。

 

見積りの際はピアノの重量や大きさ。そしてマンションの場合はエレベーターの有無や入口の大きさについても正確に伝えてくださいね。

引っ越し ピアノ

ピアノの処分に困る場合にはピアノ買取サービルもありますので、値段によってはこの際、思い切って売ってしまうのも手です。使わないのに無駄なスペースを取ってしまします。一度見積もりをとってどれくらいになるか見てもいいかもしれません。見積もりは無料です。

引っ越し ピアノ

引越し不用品の処分について

 

引っ越しの際に必ず出てくるのが不用品です。不用品は捨てる必要があるのですが、ちょっとしたものならゴミ袋に入れてしまえばOK。しかし大きい不用品や家電となるとそうもいきません。それらを捨てるとなると自分たちで処分する必要があるのです。もし不用品がまだ綺麗な状態で、使えるの物であればリサイクルショップに持っていきましょう。自分たちがいらないものでも、他の人が使う可能性もあります。使える物であればリサイクルショップに買い取ってもらえるので、不用品でお金を得ることができるのです。また引っ越しまでに時間があるのなら、フリマアプリやオークションを利用することもおすすめです。それらを利用すればリサイクルショップに買い取ってもらうよりも高値がつく可能性があります。物がつかえそうなく、もう捨てるしかない場合は処分の手続きをしましょう。自治体などの定期回収で処分する方法がありますが、それを利用するには申し出が必要なケースがあります。また処分にはお金もかかりますので、事前に調べておきましょう。時間がない人は引っ越し会社に相談してみましょう。会社によっては不用品の処分を行っているところもあります。当然処分料はかかりますが、引っ越しの際に持って行ってもらえるので処分に手間がかかりません。方法はいくつかありますので、引っ越しまでの期間を見て決めましょう。